JAの活動 ニュース詳細

2015.05.26 
農業協同組合研究会が総会一覧へ

 農業協同組合研究会は5月23日に東京都内で第11回総会を開き2015年度の事業計画などを承認した。

再任された梶井会長 2015年度の現地研究会は8月下旬から9月上旬に開催する。今年度は都市農業基本法の施行をふまえて東京都内のJAを中心に開催地とテーマについて検討していく方針。 同日は総会後に第11回研究大会「政策転換による農協の新たな課題と対応方向」を開いた。
 また、通常の研究会はすでに4月18日に第22回研究会として「現場から見た農協改革と地方復権」を開き、今後は11月、来年2月を目途に開催を検討していく。
 そのほか農協協会、新世紀JA研究会と協力して特別研究会の開催や、農協若手職員を対象にした教育の重要性をふまえて『農業協同組合新聞』の普及と活用に努めるとともに、各種研究会への講師派遣も検討する。会員に対する情報提供と会員拡大も図る。
 なお、役員改選では梶井功会長以下理事19名、監事2名が全員再任された。

(写真)再任された梶井功会長

(関連記事)

農協の新たな課題テーマに研究大会 農業協同組合研究会 (2015.04.30)

一歩踏み出す実践を 農業協同組合研究会 (2015.04.30)

【シリーズ・農協改革元年 地方創生の主役は農業協同組合】「現場からみた農協『改革』と地方復権」 農業協同組合研究会 第22回研究会

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ