JAの活動 ニュース詳細

2015.08.07 
コウノトリ放鳥で自然と共生 「黒酢米」拡大に弾み  JAちば東葛一覧へ

 千葉県野田市の「コウノトリの里」で7月23日、コウノトリの放鳥が行われた。JAちば東葛は野田市に協力し「黒酢米」など自然と共生する農業の確立を目指している。放鳥で同JAの取り組みにさらに弾みがついた。

nous1508070601.jpg 野田市は同市江川地区にある約90haの湿地帯に飼育施設「コウノトリの里」を建設。3年前、東京都の多摩動物園からつがいを譲り受けて飼育し、その後7羽が誕生した。
 今回放鳥したのは今年の3月に生まれた3羽。今後、衛星利用測位システム(GPS)を利用して追跡調査しながら野生化を目指す。
 野田市を管内とするJAちば東葛は、市と連携して、コウノトリが生息できる農業の確立に努めている。その一環として、水稲に殺菌効果のある玄米黒酢を空中散布するとともに、農薬、化学肥料を半減する「ちばエコファーマー」を取得し、栽培面積を拡大している。
 この方法による栽培面積は、平成26年度で約520ha。同市の全作付け面積の約半分を占める。放鳥の式典で同JA勝田実組合長は「安全で安心な野田市の農産物のブランド化をはかりたい」と期待を述べた。

(写真上)野田産のブランド化へ意欲を見せるJAちば東葛の勝田組合長

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ