JAの活動 ニュース詳細

2016.08.01 
協同の意義を再確認 国際協同組合デー記念中央集会一覧へ

 第94回国際協同組合デー記念中央集会が7月27日、東京都渋谷区の国連大学で開かれた=写真=。全国の協同組合組織の関係者約300人が参加した。テーマは「協同組合が創る持続可能な未来~東日本大震災から5年の今、考える~」。日本協同組合連絡協議会(JJC)、国際協同組合年記念協同組合全国協議会(IYC記念全国協議会)が主催した。

国際協同組合デー記念中央集会 主催団体を代表してJA全中の奥野長衛会長は「日本社会の持続的発展を構想し、私たち協同組合の協同の取り組みをいっそう進めていくための契機としたい」とあいさつした。キリスト教の牧師で認定NPO法人「抱擁」理事長の奥田知志氏が「震災復興・持続可能な未来 貧困からの脱却・平和について~協同組合への期待~」のテーマで基調講演。現在の日本の貧困について述べ、問題点として「経済的困窮と社会的孤立の貧困スパイラル」を指摘。これを断ち切るには、弱くても存在する地縁・血縁・社縁や既存の社会支援を束ねる「コーディネート型縁」の必要性を強調した。
 パネルディスカッションでは岩手県の釜石地方森林組合、日本労働者協同組合連合会東北復興本部、福島県における協同組合間協同がそれぞれの取り組みを報告し、意見交換した。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ