JAの活動 ニュース詳細

2016.09.16 
「KAKI」で柿をPR 和歌山がキャンペーン一覧へ

 JAグループ和歌山の柿消費拡大対策事業協議会は9月16日、東京都・有楽町広場で「和歌山の柿でハロウィンを楽しもう!キャンペーン」の発表会を開いた。キャンペーンオリジナル楽曲を初披露し、柿のサンプリングを振る舞った。

左からJA紀北かわかみのキャラクター「かきたん」、井本かつらぎ町長、亀井協議会会長、DJみそしるとMCごはんさん、平木橋本市市長、JAグループ和歌山の柿PRキャラクター「かき音ちゃん」。 発表会では、柿消費拡大対策事業協議会の亀井憲一会長があいさつで、同協議会が和歌山県で柿を生産する5JAが協調して平成19年に設立した歴史を語った。「柿の消費拡大と農家の所得向上のための協議会。柿の出荷シーズンがハロウィンとあっているため、ハロウィンを和歌山の柿で楽しんでもらいたい」と話した。
 同キャンペーンは2014年から取り組んでおり、今年は、柿のイメージを「KAKI」かえるべく、よりキャッチーに「KAKI」と表現し、幅広い年代の人に向けて魅力を発信する。
 同日は、「DJみそしるとMCごはん」さんが歌うオリジナル楽曲「KAKI で今夜はPARTY!!」が初披露された。同氏はポスターのイラストや柿をジャック・オー・ランタン風にアレンジするシールの原案も担当。「柿でおいしいパーティをみなさんで楽しんでもらいたい。日本のハロウィンといえば"柿"というイメージをもってもらえるようがんばります」と話した。
 楽曲のMVは同日からキャンペーン特設サイトで公開。同サイトでは楽曲にも登場する"KAKI合わせ"料理のレシピや柿の豆知識も紹介してる。
 担当者は「DJみそしるとMCごはん」さんの起用について、「食の曲を多くつくっている方。女子栄養大学を卒業し、食への関心が高いため」話す。
 柿のサンプリングではジャック・オー・ランタンに「KAKI」を変身させることができるシールも一緒に配った。
 和歌山県の柿は収穫量で全国一、県で全体の21%を生産している。ビタミンC、食物繊維が豊富で、若い女性にもおすすめしている。

ハロウィンのシールを貼った柿楽曲を披露するDJみそしるとMCごはんさん
(写真)左からJA紀北かわかみのキャラクター「かきたん」、井本かつらぎ町長、亀井協議会会長、DJみそしるとMCごはんさん、平木橋本市市長、JAグループ和歌山の柿PRキャラクター「かき音ちゃん」。ハロウィンのシールを貼った柿、楽曲を披露するDJみそしるとMCごはんさん

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ