Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

英国食品卸会社を買収-全農・農林中金2016年11月8日

一覧へ

 JA全農と農林中央金庫は英国の食品卸会社を買収したと11月7日に公表した。

 SFG社(SFG HOLDINGS LIMITED)の全株式を取得した。持ち株比率はJA全農90%、農林中央金庫10%。
 SFG社は1967年創業の生鮮・冷蔵・冷凍食品の輸入・卸売会社SCOTCH FROST OF GLASGOW LIMITEDの持株会社。欧州・アジアを中心に35か国から1000品目以上の食材を調達し英国内に安定した販売をしている。
 全農グループは農畜産物輸出を拡大するためには最終実需者のニーズを直接把握して直販する必要があるとして、欧州では現地法人を設立。英国ではロンドンで和食店舗の開設などを進めてきたが、SFG社の経営権を取得することで英国やアイルランド内の飲食店、小売・卸売会社に販売する現地のサプライチェーンを獲得することになる。これによってより直接的に日本産農畜産物の海外輸出拡大の実践ができる。今後も日本産食材需要が見込める国・地域の食品企業と積極的な提携・出資・買収戦略を実施していくとしている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る