想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

名称を募集 全農版クラウド型地図情報システム2018年1月15日

一覧へ

 JA全農が、この4月からサービス提供する「全農版クラウド型地図情報システム」の名称を募集している。

JA全農版クラウド型地図情報システム(写真)全農版クラウド型地図情報システムのイメージ画像
 

 JA全農は、インターネットを介してクラウド環境で稼働する「地図情報システム」の開発をすすめ、今年4月からサービスを開始することにしている。
 この「全農版クラウド型地図情報システム」は、地図上でほ場(ポリゴン)データを作成して、ほ場に係る栽培、施肥、防除などの情報をEXCELに入力するのと同じように手軽に入力して、地図データと結合することで、生産に関する情報を的確に把握できる汎用性の高いシステムを構築することをめざしている。
 JA全農では、4月からこのシステムの普及を進め、全国の担い手農家やJAに活用してもらい、より効率的な営農や現場での問題解決につなげていきたいと考えている。

 そのため、親しみがもて、JA系統の地図情報システムとして認知され、全国での普及につなげることができるイメージがもてる名称を公募している。

 

【応募要領】
◎応募方法:別紙の「全農版クラウド型地図情報システムの名称に関する応募用紙」に必要事項を記入し、別紙内記載のJA全農TAC推進課までメールを送る。全農版クラウド型地図情報システムの名称に関する応募用紙

◎締切日:平成30年1月31日(水)17時まで
 
※なお、応募した名称が採用された場合、知的財産権などの諸権利は、JA全農本所TAC推進課に帰属する。
 
◎応募資格:制限は設けず、一般に広く公募を行います。
 
◎日程:
★公募受付:平成30年1月31日(水)17時まで
★名称選考:同年2月中にJA全農本所で
★名称使用開始:同年4月1日から

 

◎問合せ先:JA全農本所耕種総合対策部TAC推進課
○担当:村山
○電話:03-6271-8276

※現在、名称の募集は締め切っております。ご了承下さい。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る