JAの活動 ニュース詳細

2018.02.26 
自己改革 営農指導で加速を-JA営農指導実践全国大会一覧へ

 JA全中が2月22日から東京都内で開催した29年度JA営農指導実践全国大会は2日めの23日、8人の事例発表者によるパネルディスカッションを行い、「創造的自己改革の実現に向けた営農指導強化のための申し合わせ」を採択した。

29年度JA営農指導実践全国大会のパネルディスカッション(写真)29年度JA営農指導実践全国大会のパネルディスカッション

 

記念講演するJA全青協の飯野芳彦会長 大会は全国各地の優れた産地振興や技術普及に取り組んでいる営農指導員が事例を報告し、その取り組みを広く紹介して営農指導員のレベル向上とネットワークづくりを目的として昨年から開催されている。
 大会2日めはJA全青協の飯野芳彦会長が「営農あってこそのJA」と題して記念講演をした。
 埼玉県川越市の市街化農地で露地野菜を生産販売している飯野会長は江戸時代から落ち葉で土づくりを続けてきた農業は「現在、農地から得られる富は過去の蓄積であり、今、農地に施すことは未来への蓄積だ、未来のための営みが農業ではないか」と語った。

(写真)記念講演するJA全青協の飯野芳彦会長

 
大会最後には「ガンバロー」を三唱した ただし、農業者自身は気候変動や地域の衰退、相場の変動など、つねに経営への不安があり、だから営農指導員とのコミュニケーションを期待していると話す。
 またJAの営農指導と経済事業の手数料が安いことは、組合員生産者にとってそれがJAの信用・共済事業の利用につながっているとして「営農の収益でJAの総合事業は回っている」などと指摘し、ともに地域農業を持続させていく役割を営農指導員に期待した。そのほかJA青年部の政策提案活動であるポリシーブック活動について、これが現場からの「ボトムアップ型」の課題解決への「草の根運動」であることを強調し、地域の若手農業者とともに作成活動への協力も求めた。
 大会では以下の内容を参加者全員で申し合わせた。

(写真)大会最後には「ガンバロー」を三唱した

 

【創造的自己改革の実現に向けた営農指導強化のための申し合わせ】

 現在、全国各地のJAにおいては「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」の3つの基本目標の実現に向けて取り組んでいる。
 この目標実現のためにはJAが取り組む創造的自己改革について担い手経営体をはじめ組合員から「JAはよくやっている」との評価を得ることが必要不可欠であり、そのためにはわれわれ営農指導員が果たすべき役割は大きいものとなっている。
 ついては、われわれ営農指導員は下記について申し合わせ、創造的自己改革の実現に向けた取り組みを一層加速化させることとする。

 


(1)われわれ営農指導員はJAグループ自らが定めた目標の実現の達成に向け、営農・経済事業の面から全力を尽くし担い手をはじめとして組合員から高い評価を得る。

(2)われわれ営農指導員は最新の営農技術や経営指導に関する知識の習得に絶えず取り組み、常に自らの資質向上に取り組む。

(3)われわれ営農指導員は県域・全国の仲間とのネットワークを通じて優れた取り組みを学び、自らの地域の取り組みに活かす。

平成30年2月23日
平成29年度JA営農指導実践全国大会参加者一同

(関連記事)
最優秀賞に畠さん(JA兵庫六甲)JA営農指導実践全国大会(18.02.26)
自己改革 もっと発信を-JA広報大賞セミナー(18.02.22)
JAの力の源泉は、盟友の皆さん【中家徹・全国農業協同組合中央会会長】(18.02.15)
特別優良表彰にJAなんすん(静岡県)、JA福山市(広島県)-JA全中(18.02.09)
人づくりでJA鹿児島きもつき JA全中の人事労務セミナーで報告(18.02.06)
最優秀賞に佐藤昌幸さん(JA庄内たがわ) 営農指導実践大会(17.02.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ