JAの活動 ニュース詳細

2018.02.22 
自己改革 もっと発信を-JA広報大賞セミナー一覧へ

 JA全中は2月21日、東京都内で29年度JA広報大賞表彰式と受賞JAの実践報告をもとにしたパネルディスカッションなどJA広報トップセミナーを開いた。

29年度JA広報大賞受賞者のみなさん

(写真)受賞者のみなさん

 

29年度「総合の部」JA広報大賞に輝いたJAあいち知多。中家JA全中から表彰状を受ける前田組合長。 JA全中の中家徹会長は主催者あいさつで「農業とJAの役割が国民にまだまだ理解されていない。われわれが責任をもって発信していく必要がある。地域住民にとってもJAの広報は重要になる。優良事例を横展開しJAグループ全体のレベルにつなげていってほしい」と各JAの広報活動の充実を呼びかけた。

 

(写真)29年度「総合の部」JA広報大賞に輝いたJAあいち知多。中家JA全中から表彰状を受ける前田組合長。

 
 「総合の部」準大賞のJAなんすん(静岡県)の岡田晃一代表理事組合長「総合の部」で大賞を受賞したのはJAあいち知多(愛知県)。審査委員長の尾関謙一郎明治学院大学特命教授は、審査講評で、同JAの広報誌では自己改革の取り組みを毎号発信していることや、トップ層とマスコミとの定期的な懇談など積極的な対応、さらに情報を届けたい人に情報が届いているか「効果測定」もしていることなどが注目され「審査員全員が大賞に推薦した」と評価し「今後も広報活動によってJAは日本農業、日本社会のためにあることを伝えてほしい」と期待を寄せた。

(写真)「総合の部」準大賞のJAなんすん(静岡県)の岡田晃一代表理事組合長

 

「総合の部」準大賞のJAくるめ(福岡県)の塚本晃理企画広報課長。 受賞者を代表してあいさつしたJAあいち知多の前田隆代表理事組合長は知多半島全域のJAとして合併以来、正・准組合員の数は当初の1.6倍の7万7000人となっているが「地域人口は63万人で12%にすぎない。地域農業振興には地域住民の理解が不可欠」として工夫ある広報誌発行はもちろん、産業まつりへのJAの積極的な参加や、役職員自身が広報媒体となることをこころがけた日々の活動など、「自己改革の実践を正しく伝えこれからもJAが必要であることを発信していきたい」と話した。

(写真)「総合の部」準大賞のJAくるめ(福岡県)の塚本晃理企画広報課長。

 

(関連記事)
JAあいち知多が大賞(18.01.15)
メリハリは写真で決めたい(17.12.18)
広報活動・広報誌の価値(17.11.27)
生産者と繋がり深める(17.04.10)
特集は狙い定めて(17.03.23)
広報で改革発信を-JA広報大賞(17.02.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ