JAの活動 ニュース詳細

2017.02.27 
広報で改革発信を-JA広報大賞一覧へ

 JA全中は2月24日に東京都内でJA広報トップセミナーを開催し、28年度のJA広報大賞の表彰式と実践報告などを行った。

受賞JAと審査員のみなさん 優良な広報活動をするJAを選定する「JA広報大賞」は今回で第30回を迎えた。
 開会のあいさつで奥野長衛JA全中会長は「農業生産もマーケットインが求められている。どうニーズをつかむか。非常に難しいが、これが広報の基本になる」などJAの事業・活動にとっての広報の重要性を訴えた。 今年度の大賞はJAぎふ。審査委員長の尾関謙一郎氏(メディアと広報研究所主宰、明治学院大学特命教授)は同JAが対外広報と組合員向けの対内広報に組織を分けて専門化させたことを審査員が満場一致で高く評価したと講評し、「社会に向けて発信し組織外の評価を自己改革につなげていくことが大事」と述べた。
 JAぎふの櫻井宏代表理事組合長は「元気な地域の創造をめざすには農業、JA、地域の魅力の発信強化が重要な課題。共感を生みだし理解につながる広報活動の充実を図っている。
 JAのあり方そのものが注目されているが、JAや地域農業に対する理解の醸成が不可欠。将来にわたるJAの存在価値の確保と浸透のためにも広報の重要な役割を認識し、この賞を機にJAの自己改革の完遂と地域に根ざした協同組合として一層活動を高めたい」と受賞者を代表してあいさつした。
 記念講演ではカルビー(株)の執行役員コーポレートコミュニケーション本部長の佐藤綾子氏が「企業戦略に基づく広報と企業価値向上」と題して講演した。「カルビーっていいね、と思わず人に薦めたくなるという人を増やす広報」をめざし、トップの一貫したメッセージと思いを社内外問わず労を惜しまずに伝えることや、社内の取り組みについても「敷居を低くして」情報や人材を集めることが広報部門の姿勢として重要だという。「広報も営業マンと同じ。惜しまず発信しているうちに一人ひとりが広報マンになっている」などと話した。
○表彰JA
【総合の部】
大賞=JAぎふ(岐阜県)
準大賞=JA松本ハイランド(長野県)、JAくるめ(福岡県)
【組合員向け広報誌の部】優秀賞=JA蒲郡市(愛知県)
【地域密着型広報活動の部】優秀賞=JA筑紫(福岡県)
【ホームページの部】優秀賞=JA阿新(岡山県)
(写真)受賞JAと審査員のみなさん

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ