JAの活動 ニュース詳細

2018.04.17 
沖縄伝統野菜で家庭料理を 日本橋・割烹料理店「日本橋ゆかり」野永中店主がセミナー一覧へ

 東京・大手町JAビル内の農業・農村ギャラリー“ミノーレ”は、人気講座「和食塾」をリニューアルし、4月から、東京日本橋の割烹料理店「日本橋ゆかり」三代目店主・野永喜三夫氏を講師に、和食の基礎を学び、より地域の伝統野菜を楽しめる内容にした。

日本橋・割烹料理店「日本橋ゆかり」野永中店主 講座のタイトルは「こだわりの旬を味わおう! 野永めしセミナー」。全国各地で受け継がれているJAブランド・伝統食材の魅力を「日本橋ゆかり」三代目店主・野永喜三夫氏が引き出す座学セミナーだ。
 第1回目は、「5月8日はゴーヤーの日! 沖縄の伝統野菜編」。
 5月8日(ゴーヤーの日)にちなんで、沖縄のゴーヤーをメインに、青パパイヤ、ナーベーラー(ヘチマ)を使った家庭料理2品を紹介する。
 沖縄の伝統野菜は「島野菜」と呼ばれ、伝統的に食されてきた地域固有の野菜だ。この島野菜を野永流にアレンジし、毎日の食卓のレギュラーに加えたくなる次の料理に仕上げた。
1:島野菜(ゴーヤー、青パパイヤ、ナーベーラー)と豚肉のみそ炒め
2:トウガンのスープ

 
【開催概要】
○日時:4月20日(金)12:05~12:50
○場所:JAビル4F「ミノーレ」(東京・大手町)

 

(関連記事)
珍しいハンダマなどを展示販売 JA全中(18.03.21)
イチゴの王様で美活セミナー JA全中(18.03.20)
山形産山菜レシピを学ぶ JA全中(18.03.12)
6種類のハチミツを楽しむ販売会 JAミノーレ(18.03.01)
JAビル「ミノーレ」で福島夏野菜活用レシピを紹介 JA全中(17.08.21)
加賀野菜で和食塾開催 農業・農村ギャラリー「ミノーレ」(17.07.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ