想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

山形産山菜レシピを学ぶ JA全中2018年3月12日

一覧へ

・老舗店の有名店主による直伝講座

 JA全中は3月16日、東京・大手町のJAビル内にある農業・農村ギャラリー「ミノーレ」で山形県産「山菜」を使った旬の食材レシピを紹介するイベントを開催する。

イベントの正式名は、「日本橋『ゆかり』野永三代目の和食塾」。これは都内でも指折りの老舗割烹料理店「日本橋ゆかり」の三代目店主、野永喜美男氏から和食の基本を学ぶ講座で、大手町のオフィス街に勤める20~40代の女性50名を対象に月に1度開かれているもの。無料で学べ手軽に参加できることから、毎回楽しみに来る女性も多いという。
 イベントの開催時間は昼の12時05分から12時50分までで「山菜と豚肉のみそマヨあえ」と「山菜肉みそ」のレシピを座学で学ぶ。春先に旬を迎える山菜はいまがまさに食べ頃で、食材はいずれもJA全農山形から提供される。

 

(関連記事)
6種類のハチミツを楽しむ販売会 JAミノーレ(18.03.01)
東北復興応援フェア開催 3月7日ミノーレで(18.02.26)
能登伝統野菜「中島菜」の販売会 3月6日ミノーレで(18.02.26)
全国のファーマーズマーケットが大集合!(18.02.21)
花粉症に効くお茶「べにふうき」をふるまう(18.02.21)
JAギャラリー「ミノーレ」でつごもり市を開催(18.02.19)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る