左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「ごはん・お米とわたし」作文・図画コン受賞者決定2018年12月10日

一覧へ

 JA全中は12月7日、第43回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクールの各賞受賞者を発表した。

 このコンクールはJAグループが推進する「みんなのよい食プロジェクト」の一環として実施し今年で43回を迎えた。これからの食・農・地域を担う子どもたちに、ごはん・お米についてはもちろん、国土を豊かに作りあげてきた稲作をはじめとする農業についての学びを深めてもらい、その重要性を広く周知することを目的としている。
 今回の応募点数は作文部門5万2812点、図画部門6万5778点だった。11月20日、21日に全国審査会(審査委員長=中村靖彦氏・東京農大客員教授)を開催し、内閣総理大臣賞(2名)、文部科学大臣賞(6名)、農林水産大臣賞(6名)、全国農業協同組合中央会会長賞(6名)ほかを決定した。
「お米を作る人たち」石松祐さん 提供先:JA全中 表彰式は、平成31年1月12日(土)14時から東京都内で開かれる。
 内閣総理大臣賞・作文の部は岐阜県・高山市立清美小学校5年の山下紗世さんの「五年生の稲作体験」。将来農家になろうと思っていないのに、時間をかけて稲作体験をすることに疑問を抱く。ところが田植え後、稲の成長を見守り、収穫を待ち望むようになっていく山下さん。実体験を通し、最初の疑問が徐々に解消されていく全体の構成や展開のさせ方が秀逸な作品。
 図画の部は島根県・松江市立乃木小学校5年の石松祐さんの「お米を作る人たち」(=写真)。田植えの時期を迎え、農作業にいそしむ人々の姿がすがすがしく描かれた作品。縦位置の構図によく収まっていて、人物の配置もバランスが良い。緑あふれる季節感を上手に表している。

 

(写真)「お米を作る人たち」石松祐さん 提供先:JA全中

 

(関連記事)
さなえ図画コン 最優秀賞に古屋麻奈実さん 井関農機(18.09.27)
全農酪農体験発表会 岩手の山崎さんが最優秀賞(1)(18.09.13)
書道・交通安全ポスター入賞者決定 JA共済連(17.12.18)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る