JAの活動 ニュース詳細

2018.12.25 
ブランドキウイの菓子限定販売 JA香川県コラボ企画第3弾一覧へ

 JA香川県はオリジナル品種を中心とした「さぬき讃フルーツ」のブランド化に取り組んでいる。今回は、ゴールドキウイを使った「銀座千疋屋Premiumコロロ」を限定販売している。

銀座千疋屋Premiumコロロ銀座千疋屋Premiumコロロが入った箱

(写真)銀座千疋屋Premiumコロロ

 

 JA香川県は、これまでJAL日本航空・香川県と連携し、地元果物のオリジナル品種をブランド化しようと2017年度から商品企画し、販売を行ってきた。
 第1弾はグリーンキウイ「香緑」を使ったデニッシュ、第2弾はイチゴ「さぬきひめ」のソフトクリームを販売。いずれも好評だったことから、第3弾企画へとつながった。
 今回は、果物販売のパイオニア・銀座千疋屋と果汁を使った菓子製造で知られるUHA味覚糖のコラボレーションで「銀座千疋屋Premiumコロロ」香川県産さぬきゴールド味を限定発売した。


「さぬきゴールド」  「さぬきゴールド」キウイは、黄金色の果肉と世界最大級の大きさが特徴。ビタミンCとEが豊富なことから栄養機能食品としても販売されている。この果汁を使い、フルーツそのものを食べているような感覚のグミを作った。

 取り扱いはパティスリー銀座千疋屋GINZA SIX店をはじめ、羽田空港第1旅客ターミナルビル「BLUE SKY」の各店舗FLIGHT SHOP、ゲートショップ1、3、9、11、14、15、22番、バスラウンジショップなどで購入できる。
 価格は1箱3袋入(1袋3粒入)で税込み756円。材料がなくなり次第、販売を終了する。

(写真)さぬきゴールド

 

(関連記事)
JA全農 中四国広域物流センターが稼動(18.12.04)
30年産うめの収穫量29%増 農水統計(18.11.27)
キウイで美活セミナー ミノーレ(18.05.15)
キウイとハッサクを試食販売 大手町「いちごいちえ」で-JA紀の里(18.02.16)
3段階で「内なる合併」JA香川県(1)(17.10.27)
【民進党衆議院議員・玉木 雄一郎】食と農、地域を守る誇りを持つ(17.04.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ