JAの活動 ニュース詳細

2018.02.16 
キウイとハッサクを試食販売 大手町「いちごいちえ」で-JA紀の里一覧へ

 JA全農のアンテナショップ大手町「いちごいちえ」は2月15日から23日まで「和歌山産地フェア JA紀の里」を開催し、同JA管内のキウイやハッサクなどを販売している。16日には吉田哲男代表理事組合長(※吉は異体字)らが来店、試食販売などでPRした。

あいさつする吉田哲男JA紀の里代表理事組合長(中央) 吉田組合長はJA紀の里について「フルーツの町」と紹介。春にはイチゴ、6月には桃、その後はイチジク、柿、ミカンと途切れなく出荷し、この時期にはハッサクとキウイが販売される。
 「昨年は毎月台風が来たが、そのなかでも生産者が丈夫に育てた。どうぞよろしく」と集まった人に呼びかけた。

 

(写真)あいさつするJA紀の里の吉田代表理事組合長

 
キウイの試食を勧める風呂谷部会長 キウイフルーツ部会の風呂谷史郎部会長によると昨年春から好天が続き高品質のキウイが育ったという。収穫量も20%増で例年は2月で販売が終わるが今年は4月まで供給できそうで、「少し実が柔らかくなったころが食べ頃」だという。
 キウイ専業で45年。現在部会員は350人いる。栄養豊富なキウイを風呂谷部会長は「畑で採れる総合サプリメントです」とPRしていた。

(写真)キウイの試食を勧める風呂谷部会長

 

 

 

(関連記事)
フルーツサンド教室開催 JA全中など(18.02.05)
キウイフルーツの収穫量減少 農水省(17.08.10)
【JA人事】JA紀の里(和歌山県)新組合長に吉田哲男氏(17.06.28)
所得増に重点7品目【JAおちいまばり・宇髙秀志常務理事】(17.04.27)
ファーマーズ・マーケット 出荷者の高齢化に対応を(17.03.16)
山田 泰行・JA紀の里代表理事組合長 果樹の周年供給拡充へ(16.05.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ