想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

フルーツサンド教室開催 JA全中など2018年2月5日

一覧へ

・バレンタインを前に特別講座

 JA全中は2月7日午後6時30分から、東京大手町のJAビル内にある農業・農村ギャラリー「ミノーレ」で、バレンタイン特別講座スマイル&フルーツサンド教室を初めて開催する。

 このイベントの正式名称は「女性限定!スマイル美人になれるバレンタイン特別講座」で、講師はキウイフルーツ農家の渋谷しょうこ氏。フルーツサンドにはキウイに加え、宮崎のプレミアムきんかん「たまたま」と皇居周辺を蜜源とする「丸の内ハニー」で作ったきんかんの甘露煮、今年15周年の「あまおう」もサンドする。
 主催はJA全中のほか、農林中央金庫、三菱地所、エコッツェリア協会。この4者は、大手町、丸の内、有楽町を中心とする「大丸有エリア」での食と農のコミュニティづくりをめざして連携協定を結んでいる。
 なお、翌日2月8日午前11時からは、この4者主催により、大手町マルシェとJAまるしぇのコラボレーション企画のバレンタインフェアが大手町フィナンシャルシティ1階のアトリウムで開かれる。会場では白イチゴの「淡雪」など6種類のいちごを販売する。

 

(関連記事)
コープみらいフェスタきやっせ物産展開催へ 幕張メッセで(18.02.04)
中国で日本産米の魅力を発信(18.01.30)
ACI料理コンテスト優勝者が握り鮨作りを体験 東洋ライス(18.01.16)
広がる食育の環~子供食堂をめぐるセミナー開催(18.01.10)
大切な人にミカンを 4月14日オレンジデー JA全農えひめ(17.04.17)
職場の上司に御礼にいかが バレンタインフェア JAグループ・ミノーレ(17.02.07)

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る