JAの活動 ニュース詳細

2019.03.18 
改革支援と基本政策に重点-JA全中が機構改革一覧へ

 JA全中は3月15日、4月1日からの一部機構改革を発表した。大会決議の実践支援と農政の基本政策実現に重点を置く機構とした。

 31年度は第28回JA全国大会決議の実践初年度であり、JAの経営基盤強化策の具体化が求められるとともに、食料・農業・農村基本計画の策定に向けた議論が本格化する。JA全中はこうした情勢をふまえて機構改革を行う。
 JA経営改革推進部に設置していたJA全国大会準備室をなくし、JA支援部に設置していたJA総合支援課の役割を同部に移管、新たに「経営基盤・県域JA支援課」を設置する。決議の実践支援と応分負担を前提に県域JA支援を担う。
 また、食料安全保障政策を確立するため基本政策対策室を設置していたが、これを農政部と一体化させ農政課を「基本政策課」とし、基本計画の策定に向けて政策提案の具体化と実現を図る。
 そのほかJA支援部を「営農・くらし支援部」に改称する。

 

(関連記事)
JA全中動静(2019/2/25~3/3)(19.03.12)
女性のJA参画 着実に推進-JA全中(19.01.11)
学生が新鮮な発想を競う JA全中と日本大学(18.11.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ