Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

女性のJA参画 着実に推進-JA全中2019年1月11日

一覧へ

 JA全中は1月10日、女性のJA運営参画の状況についての調査結果を公表した。正組合員比率、総代比率、女性理事等の役員数の3目標すべてが前年度にくらべて伸びており、女性参画が着実に推進していることが分かった。

 第27回JA全国大会決議(平成27年10月)で掲げた女性参画目標は▽正組合比率25%以上、▽総代比率10%以上、▽女性理事等2名以上の3つ。
 JA全中がとりまとめた30年の状況は▽正組合比率21.87%(前年比0.49ポイント増)、▽総代比率9.0%(同0.3ポイント増)、▽女性理事等1374人(同0.3ポイント増、1JA当たり2.13人)となった。
 正組合員比率目標の25%以上を達成したJAは646JAのうち180JA、28%となっている。総代比率目標の10%以上を達成したJAは総代会制度を導入している525JAのうち219JA、42%となっている。
 理事等の目標2名以上を達成しているJAは646JAのうち494JA、77%となっている。全役員に占める女性役員の比率は8.0%で0.3ポイント増えた。また、役員から監事を除いた役員比率は9.3%となる。
 3目標すべてを達成した「三冠JA」は89JAで全体の17.0%となった。
 第28回JA全国大会議案(30年11月)ではこれまでの目標を引き上げ「正組合員30%以上、総代15%以上、理事等15%以上」とし、その達成に向けて取り組みことを提起しており、今後はJA経営トップ層の集まる会議等で、女性参画の進んでいる事例などをもとに理解を促進する取り組みなども進める。

 

(関連記事)
SDGsと農業女子の可能性を考える 第7回農業女子プロジェクト推進会議(18.11.05)
仲間を増やし、さらなる前進誓う JA全国女性協が第68回通常総会(18.05.18)
女性総代は人財の宝庫(18.04.04)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る