JAの活動 ニュース詳細

2019.01.11 
女性のJA参画 着実に推進-JA全中一覧へ

 JA全中は1月10日、女性のJA運営参画の状況についての調査結果を公表した。正組合員比率、総代比率、女性理事等の役員数の3目標すべてが前年度にくらべて伸びており、女性参画が着実に推進していることが分かった。

 第27回JA全国大会決議(平成27年10月)で掲げた女性参画目標は▽正組合比率25%以上、▽総代比率10%以上、▽女性理事等2名以上の3つ。
 JA全中がとりまとめた30年の状況は▽正組合比率21.87%(前年比0.49ポイント増)、▽総代比率9.0%(同0.3ポイント増)、▽女性理事等1374人(同0.3ポイント増、1JA当たり2.13人)となった。
 正組合員比率目標の25%以上を達成したJAは646JAのうち180JA、28%となっている。総代比率目標の10%以上を達成したJAは総代会制度を導入している525JAのうち219JA、42%となっている。
 理事等の目標2名以上を達成しているJAは646JAのうち494JA、77%となっている。全役員に占める女性役員の比率は8.0%で0.3ポイント増えた。また、役員から監事を除いた役員比率は9.3%となる。
 3目標すべてを達成した「三冠JA」は89JAで全体の17.0%となった。
 第28回JA全国大会議案(30年11月)ではこれまでの目標を引き上げ「正組合員30%以上、総代15%以上、理事等15%以上」とし、その達成に向けて取り組みことを提起しており、今後はJA経営トップ層の集まる会議等で、女性参画の進んでいる事例などをもとに理解を促進する取り組みなども進める。

 

(関連記事)
SDGsと農業女子の可能性を考える 第7回農業女子プロジェクト推進会議(18.11.05)
仲間を増やし、さらなる前進誓う JA全国女性協が第68回通常総会(18.05.18)
女性総代は人財の宝庫(18.04.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ