Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全力結集で挑戦し、未来を創る JA全農臨時総代会2019年3月27日

一覧へ

 JA全農は3月26日、東京都内で臨時総代会を開き平成31年度?33年度までの3か年計画ならびに平成31年度の事業計画などを決めた。

JA全農 第51回臨時総代会.JPG
 総代会では長澤豊経営管理委員会会長があいさつで「3か年計画策定にあたって『全力結集で挑戦し、未来を創る』というスローガンを掲げた。将来を見据えて、全国で結集し、かつ全力で自己改革を完遂するとともに新たな事業領域に果敢に挑戦して未来を創っていく」という決意を述べた。
 来賓あいさつでは、農林水産省の大澤誠経営局長が全農の自己改革の取組への期待を語った。JA全中の須藤正敏副会長は農協の本来の使命は農業をしっかり支えることであり、JAグループなかんずくJA全農の役割は大きいと期待を表明。農林中金の奥和登理事長はJAバンクあげて全農の取組みをサポートしたいと語った。
 また米国最大の農協組織であるCHSとフランスの農協・INVIVOの代表者からビデオメッセージが寄せられた。全農はCHSと提携して米国での穀物集荷輸出のネットワークを構築するなど海外ネットワークを活用した飼料・肥料原料の安定的・長期的確保に取り組んでいる。

 

JA全農 第51回臨時総代会2.jpg

 

(関連記事)
取扱高5兆円目標 JA全農 新3か年計画(19.03.28)
「米麺」のミールワークスと業務提携 JA全農(19.03.27)
機構改革の詳細が明らかに JA全農(19.02.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る