JAの活動 ニュース詳細

2019.07.31 
販売力強化し所得向上へ JA全農・山﨑新理事長にインタビュー一覧へ

 JA全農の山﨑周二理事長は7月31日、JAcomのインタビューに応じ、新理事長としての抱負を語った。このなかで同理事長は、「中期3か年計画に沿い、作物別の戦略を策定して販売力を強化し、農業総産出額を計画的に拡大させる。このことを全農のメッセージとして伝えたい」と強調した。(インタビュアーは東京大学名誉教授・谷口信和氏)

全農山﨑理事長 インタビューの中で山﨑理事長は、JA改革の中で、JAグループの取り組みを組織内だけでなく、地域においては代替のきかない組織であることを、外部に積極的に発信する必要性を強調した。これまで取り組んできた肥料や農機など生産資材のコスト引き下げが、どこまで生産者の所得改善につながっているかについて、検証の必要性を指摘した。
 販売面では、特に量と価格安定が求められる加工需要で、複数のJAが個別に販売している例があり、「食品企業が求めるものを全農でまとめ、再生産できる価格が確保できるよう改善していく」と言う。販売重点の取り組みで、平成31年度からの3か年事業計画で打ち出した取扱計画5兆円を達成し、生産者の収入の安定に努めたい」と決意を示した。

(写真) JA全農・山﨑新理事長

※詳細は近日掲載予定

(関連記事)
「GAP=信頼できる産地」 全国GAP推進シンポで全農の戸井氏(19.7.31)
バリューチェーン構築へ商品開発加速 全農版SPAも視野-山﨑理事長(19.07.30)
JA全農・山﨑新理事長「5年後、10年後を見据え全速力で走り続ける」(19.07.26)
「スピードをあげ、急速に変化する情勢に対応する」-JA全農 山﨑新理事長(19.07.29)
取扱高4兆5925億円 計画を達成 JA全農(19.07.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ