JAの活動 ニュース詳細

2019.08.05 
福島産の桃 埼玉の直売所でPR 青年部が連携一覧へ

 JA埼玉県青年部協議会とJA福島県青年連盟は8月3日、さいたま市のJAさいたま農産物直売「木崎ぐるめ米ランド」で福島県産の旬の桃を消費者にPRした。

JAさいたま木崎ぐるめ米ランド敷地内で開かれた即売会

JAさいたま木崎ぐるめ米ランド敷地内で開かれた即売会

 JA埼玉県青年部はJA福島県青年連盟と平成26年から復興支援で協力し、福島産農産物の即売会を実施してきた。JAさいたまの直売所での桃の即売会は昨年に続き2回目。福島県からは青年農業者のほか女性部と両県JAの職員らが参加した。
 東日本大震災から8年が過ぎたが、福島県産農産物に対する風評被害は依然として収まっていない。JA福島県青年連盟の手代木秀一委員長は「風評被害を払しょくして、福島産農畜産物の美味しさを知ってもらいたい。昨年も開催したためか、今年はすでに予約が入っていました。うれしい限りです」と話した。
 販売したのは「あかつき」100ケース(1ケース5kg)。あかつきは福島県を代表する桃で、全国の栽培面積1600haのうち福島県が約830haを占める。糖度は12~14度と高く肉厚で果汁が多いのが特徴。今年は雨が続いたが、収穫直前に好天に恵まれ糖度が上昇し美味しい桃に仕上がった。
 試食した来店客からは「おいしい」との評価が続々。励ましの声も寄せられた。

テントの中の右端がJA福島県青年連盟の手代木委員長、左端がJA埼玉県青年部協議会の高橋委員長
テントの中の右端がJA福島県青年連盟の手代木委員長、
左端がJA埼玉県青年部協議会の高橋委員長


 JA埼玉県青年部協議会の高橋敦士委員長は「青年部活動は絆や協同を合言葉に他県との交流に力を入れている。埼玉には福島出身の人も多く、今年もぜひやってほしいとの声も。今後も連携していきたい」と話した。
 両県の青年部参加者はこの即売会の機会に研修も実施することにしており、翌日は埼玉県内の若手農家の視察と交流も行った。支援の取り組みを現場での交流につなげている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ