Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA三井リース中央(1)PC
JA全中中央SP

JAグループ秋田が宮城県のJAへ見舞金2019年11月7日

一覧へ

 JAグループ秋田は、丸森町を中心に台風19号で大きな被害を受けた宮城県のJAに対し、見舞金100万円を贈り、「1日も早く復興を」(船木耕太郎・JA秋田中央会会長)と励ました。

見舞金を渡す船木会長(右)と高橋会長(東京・大手町のJAビルで)見舞金を渡す船木会長(右)と高橋会長(東京・大手町のJAビルで)

 台風19号で宮城県南の丸森町は阿武隈川の支流が氾濫し大きな被害を受けた。「宮城県は同じブロックの仲間でもあり、心を痛めている。JAグループ挙げて復興を応援したい」と船木耕太郎会長。
 高橋正・JA宮城中央会会長は「東日本大震災から8年半経過し、何とか立ち直った所へ、今度は内陸部が被害を受けた。農家が営農意欲を失わないよう、スピーディな支援をしていきたい」と応えた。見舞金はJA全中の水田農業対策委員会で両会長が上京した折に渡された。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る