JAの活動 ニュース詳細

2019.12.03 
台風被災地・房総半島復興応援フェア 被災地のJA安房がマルシェ開催 一覧へ

 9月、10月と全国各地に大きな被害をもたらした台風15号、19号だが、特に甚大な被害を受けた房総半島にあるJA安房は、被災地復興応援のため、東京・大手町JAビル内の農業・農村ギャラリー“ミノーレ”で「JAまるしぇ」を開催する。

nous1912030401.jpg
 9月、10月に日本列島を襲った台風の影響は農業関連でも大きく、特に房総半島には大きな傷跡を残し、被災地はいまだ復興途上にある。

 千葉県の館山市・鴨川市・南房総市・鋸南町を管内するJA安房でもハウスの倒壊、果樹の落果等の被害を受けた。
 そこで被災地応援の一環として、落果を免れたもののキズがついてしまった「みかん」「レモン」「ゆず」などのJA安房の農産物を販売する。
 当日は農作物を販売する被災地の農業生産者だけではなく、JA安房の職員も駆けつけ、被災地域の最新情報の提供も行うなど地域の復興応援をする。

(写真)イメージ

JA安房"復興支援"ミニ販売会】
▽日時:12月5日(木)11:00~13:30
▽場所:大手町JAビル
▽主催:JA全中
▽協力:JA安房(千葉県) 農協観光

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ