JAの活動 ニュース詳細

2020.01.08 
農業分野の総合ステーションへ-全農賀詞交歓会一覧へ

 JA全農は1月7日に東京都内で令和2年新年賀詞交歓会を開いた。関係企業など多数の出席者で会場が埋まり賑わった。

賀詞交歓会であいさつする長澤会長賀詞交歓会であいさつする長澤会長

 JA全農の長澤豊経営管理委員会会長は「今年は中期事業計画の2年目。すべては組合員のために、消費者・国民のためにという基本姿勢のもと、引き続き自己改革の取り組みを加速する」と述べ5つの重点事項への取り組み方針を強調した。

 重点事項のうち「生産基盤の確立」ではドローンやZ-GISを核としたICT技術の導入や労働力支援、農畜産物の物流合理化に取り組むほか、インバウンド需要を取り込むなど「食と農のトップブランドとしての地位の確立」、直売所やJA生活店舗の拠点機能の再編強化、農泊事業の強化など「元気な地域社会づくりへの支援」と海外営業拠点の新設など「海外戦略の構築」に取り組んでいくとした。

 また、「JAへの支援強化」で長澤会長は、「JAが取り組む物流合理化、拠点型事業に対し一歩踏み込み、本会とJAの一体運営や受託運営の提案、JAの産地づくり支援など、JAとともに農家対応力、販売力、経営基盤の強化に取り組む」と強調した。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ