左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

台風被害支援に募金2億円超-JAグループ2020年2月12日

一覧へ

 JA全中は令和元年度台風などの農業被害に対するJAグループ支援募金の取り組み結果を2月6日までにまとめた。募金総額は2億円を超え、主要被災県のJAグループ災害対策本部に贈呈する。

 令和元年9月、10月の台風15号、19号による農作物、農地、農業用施設への総被害額はJAグループのまとめでは11都県で計2458億円となっている。また、8月に発生した九州北部豪雨では182億円の被害額となっている。

 JAグループでは役職員、青年組織盟友、女性組織メンバーなどを対象に昨年9月末から今年1月10日まで支援募金に取り組んできた。その結果、2月6日時点で2億698万円が寄せられている。

 JAグループでは支援募金の贈呈については一定の基準を設けることにしており、今回は農業関係被害額100億円以上の被災県を対象とすることにし、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県、長野県、佐賀県の7県を対象にJAグループ災害対策本部に贈呈する。

 JAグループはJA・連合会役職員によるボランティア活動や被災収穫物の買い取り、手数料・農作物の価格下落等への補てんなど被災農家、JAへの営農再開や生活再建支援を行ってきた。全国のJA・連合会の役職員が取り組むJAグループ支援隊は千葉県への派遣など、1日5000人が作業したという。

 中家徹JA全中会長は「JAは協同組合で相互扶助、助け合いの精神は組織基盤の核。今後も万一、被害が発生したときは協同の力を発揮して一日も早い復旧、復興に尽力したい」と話している。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る