JAの活動 ニュース詳細

2020.02.17 
「守り」と「攻め」+「食」で鳥獣被害対策を特集 JA高知県『こうぐり』誌一覧へ

 2019年の「日本タウン誌・フリーペーパー大賞」企業誌部門で、高知を売り込む“意気込み”が評価され優秀賞を受賞したJA高知県広報誌『こうぐり』。最新の2月号の鳥獣被害対策関連の特集は、高知県内の状況と対策の全貌が見えるものとなっている。

『こうぐり』2020年2月号の表紙『こうぐり』2020年2月号の表紙

 特集は、1つが「『守り』と『攻め』で立ち向かう鳥獣被害対策の今」と、もう1つが「ジビエを地域の資源に!〜野生鳥獣の利活用〜」。

 この特集のねらいについて、「県土の84%を森林が占める高知県では、イノシシやシカ、サルなどによる鳥獣被害が深刻化しており、被害額は平成24年度をピークに減少しているものの、依然として高い水準にあります。そのためJA高知県では、鳥獣被害対策専門員を中心に県や市町村と連携しながら鳥獣被害対策に取り組んでいます。

 経済的な損失に加え、生産者の生産意欲をも減退させる鳥獣被害に立ち向かう地域の現状を取材しました」と記されている。

 鳥獣被害は全国的な問題となっており、それぞれの地域の実情に応じた対策が行われている。

「防護柵で『集落全体を囲む』」モデル事例や鳥獣被害対策専門員の活動などを紹介した誌面防護柵で『集落全体を囲む』モデル事例や、
鳥獣被害対策専門員の活動などを紹介した誌面(クリックで拡大)


 同誌の特集では、高知県で行われている防護柵設置による「守り」と捕獲による「攻め」の両面からの対策、そして"ジビエで地域おこし"など「食」や皮革利用など地域の資源としての利活用についても取材して具体的に紹介している。JA高知県組織広報課で同誌を担当する桑名李果さんが自ら取材して写真や実践している人たちへのインタビューを交えているため、読みやすい。

 同誌は、JA高知県のWebサイトで入手できる。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ