左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

鳥取スイカ「ウマすぎる。。。」 SEIKINがツイッターでPR JA鳥取中央2020年6月25日

一覧へ

JA鳥取中央は、Twitterのフォロワー数が111万人の人気動画クリエーター、SEIKIN(セイキン)を起用して県産スイカをアピールしている。

SEIKINさんがツイッターに投稿した「#鳥取すいか」の画像SEIKINがツイッターに投稿した「#鳥取すいか」の画像

SEIKINは、ツイッターの投稿で「鳥取すいか、ウマすぎる。。。種類が沢山あるので毎日食べても全然飽きません(笑)」とコメント。6月25日時点で、"いいね"数が約7600件に上り、リツイート(引用)数は1000件以上と注目を集め、県産スイカの存在を拡散している。

新型コロナウイルスの影響で、同JAは、毎年東京や大阪で実施していた県産スイカの試食販売ができなくなり、これに代わる販促手段として、スーパーなどで購入する従来の客層に加え、より新しい層にアピールできるSNSを活用した取り組みを企画。以前から自身の投稿などで"スイカ好き"を公言していたSEIKINを起用した。

同JAは6月24日から随時、SEIKINの写真が目印のポップ(店内広告)を全国の主要スーパーの売り場で掲示し、さらなる消費拡大とファンの獲得をめざす。

同JA販売課は「予想以上の反響で本当にうれしい。ツイッターのコメントも『食べてみたい』など好意的なものが多く、とてもPRになっている。これから露地物の出荷も始まるが、後半に向けてよい数字で終わるきかっけになれば」と期待を込めた。

 
【SEIKIN鳥取スイカPRツイッター】

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る