Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ファミマに出資 国産販売拡大へ-全農・中金2020年7月9日

一覧へ

JA全農と農林中央金庫は7月8日、ファミリーマートへの資本参加と同社を完全子会社化する伊藤忠商事との業務提携を発表した。

伊藤忠商事は同日、ファミリーマートを対象とした株式公開買い付けを実施し、出資比率を94.7%に引き上げ非上場にすると発表した。

この取引の完了を条件に、JA全農と農林中央金庫は4.9%の株式を約570億円で取得するとともに、伊藤忠商事とファミリーマートとの間で業務提携を行うことについて、伊藤忠と基本契約書を締結した。

伊藤忠とファミマはAIを使った省力化や海外事業の加速化など、新たなビジネスモデルの構築をめざす。JA全農と農林中金はファミリーマートへの出資を通じて、これまで以上に国産農畜産物の販売を拡大するとともに、農業生産の拡大、地域の活性化につなげる。また、広い販売・物流網を持つ伊藤忠グループとの連携で相互の強みを高め、国産農畜産物の新たな物流・販売チャネル構築による消費拡大と農業所得の増大をめざすとともに、JAグループが持つ地域拠点の利便性向上、、サービスの充実につなげるなど持続的な協業に取り組むとしている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る