想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「おんせん県おおいたWeb物産展」開催中 JA全農おおいた2020年10月21日

一覧へ

大分県は、コロナ禍で消費が落ち込む県産品を中心に、消費拡大のため10月14日から「おんせん県おおいたWeb物産展」を開始。JA全農おおいたは、来年3月31日までの期間中、通販サイト「JAタウン 全農おおいた」に特設サイトを設け、「おおいた和牛」や「おおいた冠地どり」、花きなど大分県産品を3割引きで販売している。

「おんせん県おおいたWeb物産展」開催中 JA全農おおいた

目玉の「おおいた和牛」は、黒毛和牛「豊後牛」の100年目の節目に誕生した新しい県産和牛ブランド。きめ細かい霜降りで、まろやかでとろけるような風味を持つ豊後牛の中でも美味しさにこだわった農場で育てられた肉質4等級以上のものだけを選んでいる。5年に一度開かれる肉牛のコンテストでは、平成24年開催の「第10回全国和牛能力共進会」で農林水産大臣賞2部門で受賞。安全安心な豊後牛を届けるため、個体識別番号入力によるトレーサビリティシステムを導入している。

「JAタウン 全農おおいた」特設サイトでは、「おおいた和牛」のサーロインステーキ(180g×5枚)を通常1万7500円のところ1万2250円で、「焼肉用600g」は通常6300円のところ4410円で提供。また、鶏肉を日本一食べるという大分県民をうならせる「おおいた冠地どり」は、国内で初めて烏骨鶏を交配し、旨味成分のイノシン酸が多く含まれる大分県産ブランド鶏もお得な価格で買える。このほか、大分県竹田産米「ヒノヒカリ」令和2年産米や、大分県産温泉うなぎ蒲焼もラインアップ。花きでは、かすみ草や赤バラの花束にフラワーアレンジメントなどをそろえている。特設サイト内の一部商品は送料無料。

【JAタウンおおいた】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る