想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

幻の西洋梨「ル レクチエ」プレゼントキャンペーン開催 JA全農にいがた2020年11月26日

一覧へ

JA全農にいがたは11月20日、新潟県産の西洋梨「ル レクチエ」の販売を開始。12月13日までプレゼントキャンペーンを実施している。

幻の西洋梨「ル レクチエ」プレゼントキャンペーン開催 JA全農にいがた

「ル レクチエ」は、芳醇な香りと濃厚な甘みに加え、とろけるような食感で独特の味わいを楽しめる西洋なし。旬は11月下旬から12月中旬頃で、食べ頃の一歩手前で出荷されるため、購入後は早めに食べるのがおすすめだ。

新潟が「ル レクチエ」の産地になったのは、1902年に新潟県旧白根市茨曽根(現・新潟市南区)の農家、小池左右吉氏がロシア・ウラジオストクへ旅したことがきっかけ。そこで出合った西洋なしのあまりのおいしさに栽培を決意し、原産地のフランスから数十種類の苗木を取り寄せて栽培を始めたという。

病気に弱い点など生育上の苦労は多かったが、収穫されたル レクチエのおいしさは格別で、安定生産に向けて栽培技術を確立。日照時間や気温、肥沃な土壌など、新潟はル レクチエの栽培に適しているものの、温度管理や風通しなど生産の難しさから「幻の洋梨」と呼ばれている。現在は新潟の特産となっており、農林水産省の調査によると、全国の西洋なし生産面積のうち、ル レクチエの割合は約8%で、そのうち新潟県で約82%を生産。JA新潟市、JA新潟みらい、JA越後中央、JAにいがた南蒲、JA佐渡、JA羽茂の6JA管内で栽培されている。

プレゼントキャンペーンでは、ホームページ内の「ル レクチエ」特設ページ・動画を見て、簡単なアンケートに答えると抽選で50人に「ル レクチエ2kg 1箱」が当たる。


「ル レクチエ」を栽培するほ場「ル レクチエ」を栽培するほ場

<「ル レクチエ」プレゼントキャンペーン概要>
実施期間:11月20日~12月13日

応募方法

(1)「ル レクチエ」特設ページ・動画を見る
(2)ページ下部の応募フォームから必要事項を記入し応募する

賞品
:抽選で50人に「ル レクチエ2kg 1箱」
※賞品の発送は12月中旬頃を予定

(動画)
「ル レクチエ」動画

【「ル レクチエ」特設ページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る