想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新品種「サキホコレ」のおにぎり秋田駅で配布「朝ごはんキャンペーン」JAグループ秋田2020年11月27日

一覧へ

秋田県と農業団体などで構成する秋田県ごはん食推進会議は11月25日、JR秋田駅で「朝ごはんモーニングキャンペーン」を実施。佐竹敬久秋田県知事やJA関係者らが秋田県の新品種米「サキホコレ」で作ったおにぎりを通学の高校生らに手渡した。

秋田駅の利用者におにぎりを配るJA関係者ら秋田駅の利用者におにぎりを配るJA関係者ら

同キャンペーンは、米を中心とした日本型食生活の良さをPRするとともに、毎日の朝食を呼びかけ、米の消費拡大と健康的な食生活の普及を図ろうと、平成11年に始まり、今年で22回目。今回のおにぎりは、先日、名称が発表になったばかりで2022年度に市場デビューする秋田の新しいお米「サキホコレ」で作ったおにぎり5000個が用意された。

おにぎりの配布開始前に佐竹知事は「『ごはんを食べてコロナを打ち負かそう!』という気持ちと、生産者の思いを胸にひめながら力を込めておにぎりを配りましょう」とあいさつ。その後、佐竹知事をはじめ、県職員やJA秋田中央会の斉藤一志会長、JA全農あきたの小林和久県本部長らJAグループ秋田の関係者など約50人が、「朝ごはん食べてきましたか?」「新しい秋田のお米です!食べてみてください」と呼びかけながら通勤・通学の人たちにおにぎりを手渡した。

「サキホコレ」のおにぎり「サキホコレ」のおにぎり

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る