想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「食べる酒米」で生産者を応援 主食用「山田錦」販売開始 JA全農みえ2020年12月2日

一覧へ

JA全農みえは、酒造好適米「山田錦」の新たな需要喚起をめざし、「食べる山田錦」の新商品を開発。「三重県伊賀産山田錦」として12月1日から主食用米として販売を始めた。

主食用米として開発された「三重県伊賀産山田錦」主食用米として開発された「三重県伊賀産山田錦」

酒米の三重県産山田錦は、三重県伊賀地区で生産されている。かつて古琵琶湖を形成した伊賀地域の土壌は、湖底で豊富な植物が腐食し堆積した栄養豊かな土壌。また、盆地特有の気候は、昼間の太陽エネルギーによって作られたでん粉が夜になって気温が下がり確実に籾に蓄積されて高品質な山田錦となる。

新型コロナウイルスの影響で飲食店の休業やイベントが中止されることで、日本酒の消費が落ち込み、原料玄米となる山田錦の需要も低迷しており、生産農家には厳しい状況が続いている。この状況を改善する取り組みのひとつとして同JAは、主食用米と比べて粒が大きく粘りが少ないため、パエリアやカレーライスなど米の食感を楽しむ料理と相性がよい山田錦の特性に注目し、商品開発に取り組んだ。

主食用の「三重県伊賀産山田錦」は、BG無洗米加工をしたキューブ米。県内で食品スーパーを展開するマルヤス全11店舗、県内酒蔵の一部と通販サイトの「JAタウン 三重の味自慢」で販売している。

マルヤス各店舗では、県産山田錦を使った総菜の「パエリア」も販売。来店客からは「米のしっかりとした食感があっておいしい」と好評だという。また、商品開発とあわせて「高校生レストラン」で知られる県立相可高校調理クラブの監修のもとレシピ集を制作。商品パッケージに同梱し、メニューを提案するほか、ウェブサイト「三重県伊賀産山田錦」でも紹介している。

同県本部は、今後の県産山田錦の生産基盤を守るため、日本酒の消費拡大と酒米の需要拡大に向け、関係機関とより連携を強めていく。


三重県産山田錦はパエリアとの相性が抜群三重県産山田錦はパエリアとの相性が抜群

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る