想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「新春サクランボ」過去最高額の100万円で落札 JA全農山形2021年1月8日

一覧へ

山形県の天童青果市場と東京大田市場では1月5日、超促成加温栽培のサクランボ「佐藤錦」の初せりが行われ、県内から出荷されたいずれも桐箱入り500グラムが過去最高額の100万円でせり落とされた。

超促成栽培「新春サクランボ」超促成栽培「新春サクランボ」

「新春サクランボ」を一つひとつ丁寧に箱詰め「新春サクランボ」を一つひとつ丁寧に箱詰め

「日本一早いさくらんぼ」として知られる超促成栽培の「新春サクランボ」は、昨年も天童市場では50万円、大田市場では80万円とその時点で過去最高額だったが、今年はそれを上回り、1粒に換算しておよそ1万5000円の値が付いた。理由について、JA全農山形園芸部の黒坂東太部長は「昨年よりも着色や果実肥大が良く、品質が良好であったことが価格上昇の一因と考えられる。また、コロナ禍による世の中の停滞ムードを吹き飛ばし、景気の良い一年にしたいという生産者や市場関係者の希望が込められている」と話している。

天童市のサクランボ農家、花輪和雄さん天童市のサクランボ農家、花輪和雄さん

超促成栽培は、初夏の味覚であるサクランボを新春に楽しんでもらおうと市内の生産者が1987年から始めたもの。その技術を引き継ぐ山形県天童市荒谷のサクランボ農家、花輪和雄さんは、サクランボ「佐藤錦」を特製の鉢に植えた木を6月上旬から10月上旬まで冷蔵庫で保管し、その後、温室に移す「超早期加温ボックス栽培」という方法で栽培。ハウス内は日中約25度、夜は約13度に保たれるよう徹底した管理が行われる。

今年の超促成栽培サクランボは、約10人が手作業で約60キロを収穫。桐箱に1粒ずつ丁寧に詰め出荷作業を行い、4日に「新春さくらんぼ」としていち早く、北海道から関西まで全国約40の卸売市場や販売先に向けて初出荷された。

今回、せり落とされたサクランボは、5日から首都圏の大手百貨店や果物専門店などで販売。このほかにも桐箱入り300グラムやパック入り80グラムが販売される。

写真提供:JA全農山形

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る