想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全農協賛 卓球日本一が決まる「全日本卓球選手権大会」大阪で開幕2021年1月12日

一覧へ

卓球日本一が決まる「全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)」が1月11日、大阪府の丸善インテックアリーナ大阪で開幕。JA全農は、同大会に協賛し、選手・関係者を「ニッポンの食」で応援している。

全農所属の石川佳純選手全農所属の石川佳純選手

同大会には、全農所属で世界ランク9位の石川佳純選手をはじめ国内トップクラスの卓球選手が出場。17日までの開催期間中、熱戦を繰広げ、全4種目(ジュニア男女シングルス、男女シングルス)で頂点を決める。

副賞の米などの展示副賞の米などの展示

開幕の11日朝に会場で行われた開会式では、日本卓球協会の星野一朗専務が開会を宣言。また、主催者を代表して大阪卓球協会の平尾信次会長が「感染症感染対策をしっかりと行い、選手の皆さんは全力を出し切ってください」とエールを送った。

JA全農は2011(平成23)年度から同大会に協賛。今年も優勝選手へ合計2.4トンの精米や合計40キロの国産和牛などの副賞を提供する。また、会場内で副賞を展示するほか、競技フロアの入り口にはラケット型の絵馬を展示。この絵馬は、昨年度開かれた「JA全農ITTF卓球ワールドカップ団体戦2019 TOKYO」と「2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)」の会場で、来場した卓球ファンから寄せられた卓球日本代表選手への応援メッセージが書かれている。

ラケット型絵馬に寄せられた応援メッセージラケット型絵馬に寄せられた応援メッセージ

また、SNS上で募集した2万5000件の応援メッセージもモニターで放映。今大会は新型コロナウイルス感染拡大の状況から無観客開催のため、会場に来られないファンの想いを選手に届ける。他にも、参加選手へ全農の新ブランド「ニッポンエール」のドライフルーツを提供する。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る