想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

最優秀賞にあいら農協青年部-手づくり看板全国コンクール2021年1月20日

一覧へ

全国農協青年組織協議会(JA全青協)は1月19日、令和2年度のJA青年組織手づくり看板全国コンクールの結果を発表した。最優秀賞にはあいら農業協同組合青年部協議会が受賞した。

最優秀賞のあいら農業協同組合青年部協議会最優秀賞のあいら農業協同組合青年部協議会

全国各地のJA青年組織では消費者、地域住民に農業のある地域づくりに共感してもらうため手づくり看板の制作でアピールする活動を行っている。令和2年度もテーマを「農業のある地域づくりの大切さに関する地域住民へのアピール」。1月18日に審査委員会を開いて決定した。

看板部門の最優秀賞には鹿児島県のあいら農業協同組合青年部協議会が輝いた。

地元で生産される農畜産物をチョークでバランスよく描き、「コロナに負けるな! 農業で日本を元気に!!」を中央に掲げた。デザインとして完成されている点や、黒板上の配色と背景となるレンガ壁を合わせた全体の構成力で思わず目を引く視認性が高く評価された。

その他賞は以下のとおり。

【アート部門賞】
JA白山青壮年部林支部(石川県)

【全国消費者団体連絡会賞】
JA東京むさし本部青壮年部(東京都)

【JA全農賞】
福光農協青年部広瀬支部(富山県)
  
【JA共済連賞】
佐渡農協青年部新穂支部(新潟県)

【農林中央金庫賞】
壱岐市農業協同組合青年部那賀支部(長崎県)

【日本農業新聞賞】
江刺農業協同組合青年部玉里・米里支部(岩手県)
 
【地上賞】
かづの農業協同組合青年部花輪支部(秋田県)

【農協観光賞】
JAさが中部地区青年部金立支部(佐賀県)
 
【JA全中賞】
JA伊万里大川支所青年部(佐賀県)

また、JA全青協オリジナルワークウェアポスターコンクールも開催した。このコンクールはJA全農とリージャパン、JA全青協が連携して作成したワークウェアを着用し農業のカッコ良さを広くPRすることが目的。

【最優秀賞】
北海道農協青年部協議会
  
【優秀賞】
JA栃木青年部連盟

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る