想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

好調にスタート「豊橋産食材フェア」 JA全農2021年1月22日

一覧へ

既報のように、JA全農は愛知県豊橋市とJA豊橋との初のコラボレーション企画として、「豊橋産食材フェア」を東京都内の直営飲食店4店舗で1月21日~2月19日まで実施している。初日の21日、みのりみのるキッチンエキュート品川店に取材した。

全農がプロデュースする「みのりみのるキッチンエキュート品川店」全農がプロデュースする「みのりみのるキッチンエキュート品川店」

今回のフェアでは、旬を迎える豊橋産食材をふんだんに使用した特別メニューを各店舗が考案。実施店舗は全農直営飲食店のみのる食堂三越銀座店、みのりカフェ三越銀座店、ラ・カンパーニュ大手町、みのりみのるキッチンエキュート品川店の4店舗で、豊橋産ミニトマトを使った野菜のピクルスやランチ惣菜、彩り野菜のチキンサンドなどを提供している。

旬の国産・地産食材を楽しめる弁当・惣菜の専門店・みのりみのるキッチンエキュート品川店では、農業生産額が全国トップクラスの豊橋市で栽培された糖度8度以上の高糖度ミニトマト「美」を使った「豊橋産ミニトマトと塩昆布のしょうがドレッシング」(小パック390円、大パック670円)と、カラー系ミニトマト「あまえぎみ」をふんだんに使用した「豊橋産ミニトマトと野菜のピクルス」(1パック280円)を販売している。

21日からの販売だが、初日から順調に販売されており、これからもランチ惣菜として伸びていくと期待されている。

みのりみのるキッチンエキュート品川店の林一幸ショップマスターは豊橋産トマトを使った商品について、彩りも鮮やかなでお客様の反応もとても良いと話し、「あまえぎみは、爽やかな甘みとプチッとした食感が楽しめるピクルスに仕立て、美は当店の人気商品『塩こんぶのしょうがドレッシング』と合わせた。ぜひ、この機会に豊橋産ミニトマトを堪能してほしい」と呼びかけた。

「豊橋産ミニトマトと塩昆布のしょうがドレッシング」(右)と「豊橋産ミニトマトと野菜のピクルス」

「豊橋産ミニトマトと塩昆布のしょうがドレッシング」(右)と「豊橋産ミニトマトと野菜のピクルス」

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る