想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

福島県と「GAPチャレンジセミナー」開催 JAグループ福島2021年1月26日

一覧へ

福島県は2月8日、福島県郡山市のホテルハマツで「ふくしま。GAPチャレンジセミナー~次の10年へ、ふくしまにエール~」と題したセミナーを開催する。

福島県とJAグループ福島は、2017年5月に「ふくしま。GAPチャレンジ宣言」を開催。これ以降、約700人の生産者がGAPへの理解を深め、実践者と認証件数が大幅に増加している。今後ますます重要となる、GAP認証取得と実践を通して、各生産者が経営発展にチャレンジし、意識の共有をめざしてセミナーを開く。

セミナーには、(株)AandLive代表取締役の高田明氏がリモートで出演し、「伝える力。長崎から、福島の生産者にエール」と題した講演を行う。また、はねだ桃園、南郷トマト生産組合組合、福島県立岩瀬農業高等学校、(株)ヨークベニマルの事例を紹介する。当日はYouTube LIVEで配信予定。

福島県と「GAPチャレンジセミナー」開催 JAグループ福島「GAPチャレンジセミナー」
(クリックで拡大)

◎実施概要
日時:2月8日13時00分~15時15分
会場:ホテルハマツ(福島県郡山市虎丸町3番18号)
定員:200人
主催:福島県、福島県農業協同組合中央会
後援:農林水産省

<プログラム>
主催者挨拶:福島県/福島県農業協同組合中央会
活動報告:「福島県のGAP推進状況」福島県農林水産部環境保全農業課
講演:「伝える力。長崎から、福島の生産者にエール」(株)AandLive代表取締役 高田明氏(リモート出演)
事例紹介:はねだ桃園羽根田幸将氏、南郷トマト生産組合組合長三瓶清志氏、福島県立岩瀬農業高等学校、(株)ヨークベニマル青果部マーチャンダイザー上野一郎氏
会場参加申し込み:ホームページから申し込み
参加費:無料
申し込み締切:2月3日※定員に達し次第、締切

【申し込み】

【YouTubeLIVEの生配信(申込不要)】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る