Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA三井リース中央(1)PC
JA全中中央SP

広報大賞にJA香川県-JA全中2021年2月15日

一覧へ

JA全中は2月12日、令和2年度(第34回)広報活動優良JAの選定結果を発表した。

総合部の部で大賞に選ばれたのはJA香川県。広報戦略、体制がしっかりしており広報専任担当者は7人配置している。広報委員会は毎月開催し、役員が率先してマスコミ対応などに取り組む。感謝祭などイベントは各種マスコミの後援を得るなど、円滑なコミュニケーションが確立されていることなどが評価された。
準大賞にはJAいわて中央(岩手県)とJAえちご上越(新潟県)が選ばれた。

JAいわて中央は情勢分析に優れ、タイムリーなメディアへの情報提供を行っていることや、広報誌、コミュニティ誌の質が高く評価された。JAえちご上越はトップによる広報活動が充実していることや、メディアからのJA活動への理解にも大きく貢献していることなどが評価された。

組合員向け広報誌の部の優秀賞はJA会津よつば(福島県)、地域密着型広報活動の部の優秀賞はJA愛知東(愛知県)、ウェブメディア活用の部の優秀賞はJAみえきた(三重県)が選ばれた。

2月26日にオンラインで表彰式が行われる。

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る