想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

店舗で生果販売も JA全農直営6店舗で「佐賀県産『デコポン』フェア」2021年2月22日

一覧へ

JA全農は2月18日~3月24日、全国の直営飲食店6店舗で「佐賀県産『デコポン』フェア」(既報)を開催している。初日の18日、同フェアを実施している、みのりみのるキッチンエキュート品川店とラ・カンパーニュ大手町に取材した。

スイーツの他に生果も販売(みのりみのるキッチンエキュート品川店)スイーツの他に生果も販売(みのりみのるキッチンエキュート品川店)

JAグループ佐賀とのコラボレーション企画として、佐賀県産デコポンの魅力を味わえるスイーツを提供する。今回コラボしたデコポンの品種名は「不知火(しらぬい)」。収穫した「不知火」の中から糖度13度以上、クエン酸1%以下の基準をクリアした果実のみが出荷される。

旬の国産・地産食材を楽しめる弁当・惣菜の専門店・みのりみのるキッチンエキュート品川店では、デコポンの果肉と薄皮を使用したヨーグルトムース(420円)のスイーツのほか、店頭で生果(1玉250円)も販売する。

みのりみのるキッチンエキュート品川店の林一幸ショップマスターは「初日から順調に販売されており、お客様の関心も高い」と話す。店頭に陳列された生果は、仕事帰りに食後の果物として購入する人が多いことから、これから販売が伸びていくと期待を示した。

旬の国産食材を活かした本格フレンチが楽しめるラ・カンパーニュ(東京・大手町)では、ランチの一品で甘さとほどよい酸味が特長のデコポンを使ったテリーヌ、パウンドケーキ、コンポートのジュレの中から日替わりのサービスデザートとして1品を提供している。

同フェアは「みのりみのるキッチンエキュート品川店」「ラ・カンパーニュ大手町」「みのる食堂三越銀座店」「みのりカフェ三越銀座店」の都内4店舗のほか、「みのりカフェ福岡天神店」(福岡県)、「みのりカフェ季楽コムボックス佐賀駅前店」(佐賀県)で3月24日まで実施している。

「ラ・カンパーニュ」の北岡飛鳥シェフとデコポンを使用したデザート3品(ランチのデザートとしてうち1品を日替わりで提供)「ラ・カンパーニュ」の北岡飛鳥シェフとデコポンを使用したデザート3品(ランチのデザートとしてうち1品を日替わりで提供)

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る