Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

東北のおいしさを全国の食卓へ「頑張ろう東北!復興応援マルシェ」開催 JA全農2021年3月3日

一覧へ

JA全農と農林中央金庫は3月9日~12日、東日本大震災から10年を迎えた東北の農林水産業の復興を伝え、第一次産業の発展を支援するイベント「頑張ろう東北!復興応援マルシェ」を東京・南新宿のJA東京アグリパークで開催する。

2020年開催の様子2020年開催の様子

マルシェでは東北各地から野菜やいちご、サーモンスモークなど農畜水産物を用意。先着100人には来場者プレゼントを用意している。期間中は、JALのふるさと応援隊が会場で販売に協力する。

JA全農は、2015年から東北の食の魅力を全国に広げる取り組みとして、「全農東北プロジェクト」を開始。首都圏を中心にマルシェの開催や「東北六県絆米」、「東北和牛」などオリジナル商品を開発してきた。同マルシェでは、東北の農林水産物の販売を通して、消費者へ東北の復興の現状と第一次産業の魅力を伝える。

JA東京アグリパークJA東京アグリパーク

■「頑張ろう東北!復興応援マルシェ」概要
日時:3月9日~3月12日11:00~17:00
(最終日のみ11:00~16:00)
会場:JA東京アグリパーク(東京都渋谷区代々木2‐10‐12 JA東京南新宿ビル1階)
販売品目:東北6県(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)の農畜産物、東北3県(岩手県・宮城県・福島県)の林産物・水産物

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る