Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会 東北はベガルタ仙台が優勝2021年3月8日

一覧へ

JA全農が特別協賛する、小学生の8人制サッカー大会「JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会」の東北大会が3月6日と7日、福島県相馬市の「相馬光陽サッカー場」で開催。12チーム、214人の小学生が出場し、全26試合の中から決勝でベガルタ仙台(宮城)が優勝した。東北大会を皮切りに全国9か所で地区大会が開幕し、地区大会を勝ち上がった16チームが全国決勝大会へ出場、5月に日産スタジアム(横浜市)で日本一が決定する。

優勝したベガルタ仙台優勝したベガルタ仙台

大会初日の試合前、全農広報・調査部 広報SR課の太田純課長は「全農はジュニアスポーツを積極的に応援しています。スポーツをするうえで食べることは大切。しっかり食べて丈夫な体作りをしてください」とあいさつし、第一試合がスタートした。2日目の7日は、準決勝、決勝が行われ、決勝はいずれも宮城県のチーム、ACジュニオール(宮城)とベガルタ仙台(宮城)が対戦。ベガルタ仙台が2-0で試合を制した。5月の全国決勝大会へは、決勝に進出した両チームが出場する。

また、1~4位の入賞チームと全出場選手へは、東北6県(青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島)からパックご飯やジュースなどの国産農畜産物を贈呈。「ニッポンの食」で子どもたちを激励した。大会の様子は、全農の公式Twitter「全農広報部スポーツ応援」アカウントで公開している。

準優勝のACジュニオール準優勝のACジュニオール

【「全農広報部スポーツ応援」】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る