Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

給付還元利率 「制度」で0.65%-JA全国共済会2021年3月9日

一覧へ

JA全国共済会(一般財団法人全国農林漁業団体共済会)は3月4日の通常総会で令和3年度の給付還元利率や事業計画などを決めた。

令和3年度の給付還元利率は「制度」(職員の退職金財源の積み立て)は前年度比▲0.05%の0.65%、「施設」(個人の財産形成のためなどの積み立て)は同▲0.10%の0.55%と決定した。いずれも引き下げとなるが、給付還元安定準備金の活用で市場実勢(1月末長期金利:0.05%)を上回る還元を継続する。
事業計画では拡大契約口数を130万口、管理設計利用率90%を目標とした。管理設計とは、個人ごとの退職金要支給額に見合った「制度」の掛金額を算出するための試算。加入団体が掛金額を設定する際の目安となる。
また、「制度」未利用JAの解消や、JA等の関連会社の新規加入に向けた事業推進の展開や、コロナ禍をふまえた推進体制構築のためのJA都道府県中央会とのさらなる連携の強化なども進める。

JA全国共済会の総資産額は5175億円でJAの退職給付債務額の約47%に相当する。(令和3年1月末、以下同)JAの加入率は94.3%。「制度」と「施設」への100%加入実現県は30都府県で前年度より2県増えた。掛金収入は236億円で新規加入者数は6869人。退職者数は6431人で退職給付金支給額は241億円だった。

資産は国内円建て債を中心にしたクーポン収入が主体。保有債券の格付けはA格以上比率90%以上を維持し信用リスクを管理している。また、運用資産の減価と金利リスク等の発生時の給付保証に備えるための「事業強化準備金」を積立てており、令和2年度末では322.9億円となる見込み。令和3年度以降の安定的な給付還元に備えるための「給付還元安定財源(一般正味財産額から還元財源としない準備金を控除した額)」は147.4億円となる見込み。

なお、臨時理事会で久保信春専務理事の退任にともなう専務理事の互選が行われ以下のように選任された。
▽専務理事(常務理事)武子義信
▽常務理事:平松宏二(新任)

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る