Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

県内スポーツチームに「おかやま米」を贈呈 JAグループ岡山2021年4月12日

一覧へ

JAグループ岡山は、岡山県内で活躍するスポーツチームに「おかやま米」を贈呈した。

左から青江中央会会長、平林金属ソフトボール部の松田光選手と吉村啓監督、岡山リベッツの白神宏佑監督左から青江中央会会長、平林金属ソフトボール部の松田光選手と吉村啓監督、岡山リベッツの白神宏佑監督

この取り組みは、コロナ禍で影響を受けている米農家を支援する「岡山県産米消費拡大運動」の一環として実施され、3月24日に「岡山シーガルズ」、25日には「岡山リベッツ」と「平林金属ソフトボール部」を対象に、贈呈式を行った。

贈呈式では、青江伯夫中央会会長から「コロナにも、試合にも、大勝利!」「笑顔で、元気に、一球入魂!」という気持ちを込め、現在、食味ランキング5年連続"特A"を取得している、おかやま米「きぬむすめ(里海米)」が贈られた。"

青江中央会会長は、「選手の方から岡山県民が元気をいただいていることに対する、感謝の気持ちと、今後の大会への激励の気持ちを込めて、おかやま米を贈呈します。このお米を食べて、岡山県民にさらに元気と力を与えていただきたい」と今回の贈呈に対する思いを語った。

岡山リベッツの白神宏佑監督は、「お米はスポーツ選手にとって一番の力の源。このお米を食べて、力をつけ、来シーズンへ向けて、活躍できるよう頑張りたい」と抱負を述べ、「5年連続"特A"を取得したおかやま米を食べて、地産地消の役にも立てるよう、勝つことで貢献していきたい」と話した。

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

クミアイ化学右カラムSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る