Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

福祉施設などへ米200俵を贈呈 JA全中2021年4月12日

一覧へ

JA全中はコロナ禍の影響を受けている全国の福祉施設やこども食堂などに、200俵の米を寄贈する。4月9日に東京・大手町のJAビルで贈呈式を行った。

セカンドハーベスト・ジャパンのマクジルトン・チャールズCEO(左)、 JA全中馬場専務理事、全国こども食堂支援センター・むすびえの湯浅理事長セカンドハーベスト・ジャパンのマクジルトン・チャールズCEO(左)、
JA全中馬場専務理事、全国こども食堂支援センター・むすびえの湯浅理事長

JAグループは新型コロナウイルスの影響で、外出自粛などが長期化し、自宅で食事をとる回数が増加傾向にあることから、おうちごはんを応援する「ごはん応援キャンペーン~食べようごはん!届けごはん!」を実施中だが、今回の米の贈呈はその一環。

フードバンク活動を行う「セカンドハーベスト・ジャパン」と、全国のこども食堂を支援する「NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ」と連携し、福祉施設や子ども食堂に米200俵(12t)を寄贈。それぞれ100俵(6t)ずつを提供し、コロナ禍の影響を受けている施設などを支援する。

贈呈式では、馬場利彦JA全中専務理事からセカンドハーベスト・ジャパンCEOのマクジルトン・チャールズ氏と全国こども食堂支援センター・むすびえの湯浅誠理事長に目録が手渡され、両団体の代表が今回の支援に対して、感謝の意を述べた。

馬場専務は、米の発送を開始したことを明かし、「今回の取り組みを通じ、全国の施設やこども食堂などコロナ禍の影響を受けている方の支援につなげていきたい」と話した。

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

クミアイ化学右カラムSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る