2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

自動ロボット草刈り機で実演会 JA全農とくしま2021年5月18日

一覧へ

JA全農とくしま農業機械課は4月27日、JA大津松茂の協力をえて、大津町木津野の梨生産者のほ場20aで「自動ロボット草刈り機実演会」を実施した。

実演の様子実演の様子

実演会には、JA関係者や管内生産者など約40人が参加。ハスクバーナ・ゼノア(株)のロボット草刈り機「Automower(オートモア)」の概要や導入事例、操作方法などの説明や実演を行った。

実演されたロボット草刈り機は、境界ワイヤーを埋め込んで稼働エリアを設定することで、稼働エリア内を動き回り、搭載されている障害物の衝突感知機能・自動充電機能によって、全自動での草刈り作業が可能となっている。

また、今回使用された上位機種はGPSを内蔵しており、作業範囲の最適化やGPSによる盗難防止、スマートフォンによる遠隔操作も可能で、草刈り作業における労力の大幅な低減が期待できる。参加者は機能や操作方法など、実演の様子を熱心に確認していた。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る