Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農機サービス士39人を認定 JAグループ農業機械検定 JA全農2021年5月25日

一覧へ

JA全農は、令和2年度JAグループ農業機械検定を実施し、1級合格者10人、2級合格者29人を「JAグループ農機サービス士」に認定した。

事前講習会(左)と実技試験の様子事前講習会(左)と実技試験の様子

経験年数に応じた農機担当者のスキルアップを目的に、平成23年度から始まった同検定は、実際の修理・整備に必要な知識・技能やメーカー固有の機構・新技術、納品・安全指導など、業務に密着した内容を検定項目に取り入れている。

令和2年度「JAグループ農機サービス士」認定者氏名令和2年度「JAグループ農機サービス士」認定者氏名(クリックで拡大)

令和2年度は1級51人、2級91人が受検し、学科試験と実技試験の両方で合格基準に達した1級10人、2級29人の計39人を新たに認定した。

同検定合格者は令和2年度を含め、これまで累計365人(1級66人、2級299人)で、全国のJA農機センターで活躍している。

JA全農は同検定を通じて、農機事業関係者のさらなる知識の習得と技術の研鑽を促し、組合員との信頼をより強化することを目指している。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る