FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

卓球ジュニアシングルス・混合ダブルス日本一が決定 JA全農が副賞贈呈2022年1月28日

一覧へ

JA全農が協賛する「全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)」は1月27日の午後、ジュニア男子・女子の決勝戦が東京体育館で行われ、男子は吉山僚一選手(愛工大名電高)、女子は木原美悠選手(JOCエリートアカデミー/星槎)が優勝。混合ダブルスでは、張本智和選手(木下グループ)・早田ひな選手(日本生命)ペアが優勝した。

混合ダブルスの部で優勝した張本選手(中央)と早田選手(左)混合ダブルスの部で優勝した張本選手(中央)と早田選手(左)

24日に開幕した同大会でJA全農は特別協賛し、「ニッポンの食」で出場選手を応援している。ジュニアの部で優勝した選手には、副賞として全国各地の米と肉を贈呈。各選手はJA全農の安田忠孝専務理事から大きな米俵とお肉の大型パネルを表彰台で受け取り笑顔を見せた。

JA全農は出場選手を応援するTwitterキャンペーンを1月31日まで実施中。期間中に全農広報部 スポーツ応援」ツイッターアカウントをフォローし、応援メッセージと「#全日本卓球頑張れ」を付けて引用リツイートすると抽選で10人にニッポンエールご当地グミ5種セットが当たる。また、全農所属の石川佳純選手応援キャンペーンも実施している。

ジュニアの部で優勝した吉山選手(中央)と木原選手(右)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る