秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

第6回アグリカルチャーコンペティション開催 JA全中協賛2022年11月28日

一覧へ

農や食、地域、JAに関する大学生の研究発表大会である「第6回アグリカルチャーコンペティション」が11月27日にオンラインで開催された。

この発表会は、国内食料自給率の低下や地域の過疎化、高齢化など、日本の農業、食、地域やJAについて若い世代に自分事として考えてもらう機会として平成29年に始まった。主催はアグリカルチャーコンペティション準備委員会(委員長:川野克典日大商学部教授)でJA全中が協賛している。

発表分野は▽学術的研究分野、▽実践的研究分野がある。第6回大会には14大学から学術分野に24チーム、実践的分野に26チームの計50チームが参加した。

審査にあたった川手督也日大教授は「コロナ下にも関わらず毎回質が向上している。農学系以外の学生からも農業振興について真摯に掘り下げた研究発表がされている」と評価し、農協にとっても人材確保の有効な機会になっているのではないかと話した。

審査結果は以下の通り。

【最優秀賞】
<学術的研究分野>
大阪成蹊大学経営学部 チーム名称「♯おしゃアグ」「小売店における有機野菜の販売に関する研究~有機野菜の購買行動に関わる価値観を意識した店頭コミュニケーション」

<実践的研究分野>
日本大学商学部 チーム名称「食品ロス班」 「流通過程における食品ロス」

【優秀賞】
<学術的研究分野>
日本大学商学部 チーム名称「黒澤ゼミ」「消費者視点から見る家庭系フードロスの研究」

<実践的研究分野>
大阪成蹊大学経営学部 チーム名称「マスクミント」「大豆ミートの普及を目的とした研究開発~これからの未来のための環境にやさしい選択」

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る