秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCプレバソンPC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

レバンガ北海道×JAグループ北海道「国消国産パートナー」契約締結2022年11月30日

一覧へ

レバンガ北海道は11月29日、JAグループ北海道と「国消国産パートナー」契約を締結したことを発表。また、契約締結に伴い、JAグループ北海道スペシャルサポーターに就任した。

JAグループ北海道スペシャルサポーター就任JAグループ北海道スペシャルサポーター就任

コロナ禍が長引き、農畜産物の消費低迷、生産資材の高騰など、農業を取り巻く環境が厳しくなる中、北海道の産業の根幹を支える「農業」も様々な課題を抱えている。そこで、レバンガ北海道は、北海道の食料を使って、未来ある子どもたちの身体づくりを促進するという想いから、JAグループ北海道のスペシャルサポーターとなり、「国消国産パートナー」として連携して活動する。

具体的には、レバンガ北海道ホームゲームの試合開始約15分前に行われる、試合中の攻撃時・守備時の音楽やビジョンに合わせて行う手拍子等の「応援練習」で、チームの白星と3つの白(米・牛乳・砂糖)を掛け合わせた「米・牛乳・砂糖」を周知する。実際に「白星」を得た場合、試合終了後に選手らがコートを一周する際、「お米型のボール(予定)」をスタンドへ投げ込み、キャッチした人には「米・牛乳・砂糖」セットをプレゼントする。

「モーイング」のデモンストレーション「モーイング」のデモンストレーション

また、相手チームのフリースロー時の妨害として、BリーグやNBAでも通常は観客が「boo!」という声でブーイングするが、今回の取り組みでは牛の鳴き声を会場のスピーカーで流し、非難を表すブーイング(booing)ではなく、「モーイング(mooing)」に。北海道のホームゲームならではのユニークな演出を楽しみながら、牛乳・乳製品の認知向上と消費拡大へつなげることをめざす。

さらに、試合中にチアダンスチームのパシスタスピリッツが披露するパフォーマンスとして、ダンスと音楽をオリジナルで制作。その裏側や進捗は公式SNS等で発信し、2023年1月ごろのホームゲームでの披露を予定している。

最新の記事

右上長方形:NTTアドSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る