秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

Z-GIS・ザルビオの活用事例を集めたガイドブックを発行 新規入会キャンペーンも実施中 JA全農2023年1月18日

一覧へ

JA全農は、生産者の営農管理・栽培管理をサポートするZ-GIS・ザルビオの利用促進とさらなる普及拡大を目的に、「Z-GIS・ザルビオ活用ガイド2022」を作成したと発表した。

Z-GIS・ザルビオ活用ガイド2022Z-GIS・ザルビオ活用ガイド2022の表紙

Z-GISは、圃場の位置と情報を効率的かつ自由度高く管理可能な営農管理システム。高精細な地図上にマウス操作で簡単に圃場ポリゴンが作成でき、そこにユーザーが登録したい情報をエクセル形式で入力し紐づけることができる。ザルビオフィールドマネージャー(ザルビオ)は、圃場における様々な情報を解析し、圃場管理における最適な情報を提供する栽培管理支援システム。人工衛星画像を基に、圃場の地力ムラ・生育ムラを確認でき、AIによる生育や病害の予測により、施肥や防除、水管理の判断を支援する。

同ガイドは、JA全農が推進する、営農管理システムのZ-GIS、栽培管理支援システムのザルビオを活用しているユーザーの優良事例を収集し、とりまとめたもの。JA全農では、スマート農業導入の入口として、安価な料金で利用可能なZ-GIS・ザルビオをきっかけとし、農業従事者にその価値を実感してもらうことで、スマート農業の普及拡大を目指している。同ガイドでは、Z-GIS・ザルビオの活用事例を全国6か所から収集し、ガイドとしてとりまとめている。掲載事例は下記の通り。

1.膨大な圃場管理・オペレーターへの複雑な作業指示をZ-GISで解決!
2.労働時間短縮・作業効率化・経費削減Z-GISを駆使して経営改善!
3.精密な肥料コントロールにザルビオを活用した可変施肥で収量アップ!
4.Z-GIS+ザルビオで、水稲、黒豆の効率的な圃場管理・施肥削減をめざす。
5.こだわりの米作りに強力な助っ人が登場!良食味米生産をザルビオのAIがお手伝い。
6.水稲に可変施肥を導入し、施肥量を抑制経営の未来を見据えザルビオの効果を検証!

また、2022年12月1日より、Z-GIS・ザルビオの入会キャンペーンとして「はじめようスマート農業キャンペーン」を実施している。キャンペーンの実施内容は下記の通り。

1.Z-GIS
新規入会者は、加入当月を含め最長4か月間利用料無料(通常は最長2か月無料)。

2.ザルビオ
アクティベーションコードを新規または更新で購入すると、JAタウンクーポンを提供。
・【プレミアム100】ザルビオフィールドマネージャー用アクティベーションコードを購入の場合:2000円分のクーポンを提供。
・【プレミアム200】ザルビオフィールドマネージャー用アクティベーションコードを購入の場合:3000円分のクーポンを提供。
・【プレミアム300】ザルビオフィールドマネージャー用アクティベーションコードを購入の場合:4000円分のクーポンを提供。
・【トップアップ100】ザルビオフィールドマネージャー用アクティベーションコードを購入の場合:1000円分のクーポンを提供。

Z-GIS・ザルビオの入会キャンペーンの概要Z-GIS・ザルビオの入会キャンペーンの概要

【営農管理システム Z-GIS 公式ホームページ】

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る