人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

JAいちかわとJA鹿児島きもつき 友好JA協定締結2023年5月8日

一覧へ

千葉県のJAいちかわと鹿児島県のJA鹿児島きもつきは5月1日、JAいちかわ本店で友好JA協定調印式を行った。

JAいちかわの今野組合長(左)とJA鹿児島きもつきの下小野田組合長JAいちかわの今野組合長(左)とJA鹿児島きもつきの下小野田組合長

協定には相互交流で親睦を深め、組合員の営農と生活の向上、地域社会の発展に資することと、大規模災害時の相互支援が目的とし、両JAの農産物の販売連携や、人的交流、社会貢献活動などを盛り込んでいる。

JA鹿児島きもつきの下小野田寛組合長は「明るく前向きな姿勢はすばらしく、相互交流できれば成長できるのではないか」、JAいちかわの今野博之組合長は「新しい発想や人材の活用、DXの取り組みなどめざす姿は同じと感じた。ビジネスパートナーをつくる」と協定締結の理由をそれぞれ話した。

両JAは1000キロ以上離れており、都市型JAと農村型JAという違いもあるが、鹿児島の特産品である和牛や焼酎(「きもつき浪漫」)などをJAいちかわ管内で販売、一方、いちかわの梨や梨ウォーター、日本酒(「粒盛」)をJA鹿児島きもつき管内で販売するなど、国消国産を進めていくという。

JAいちかわはドバイへの梨の輸出に力を入れているが「和牛とのコラボができるのではないか」(今野組合長)と話し、輸出にも双方で力を入れ「国内の人口は減るが、それぞれの生産力を上げて所得増大に貢献したい」と力を込めた。

下野田組合長は「今年中には具体的な取り組みを起こしたい」と話す。

どちらかのJAが自然災害に見舞われた際は物資や資材の供給、職員の派遣も行い一日も早い復旧に取り組む。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る